桜農園
ワケギの球

ワケギは分けられない

隣の畑の主は、丁寧に野菜を作る方で僕らの師匠のような人です。その方から、ワケギを作れ、病気しらずでいい野菜だと声をかけられました。「そこに堀あげた球がある。8月に植えられる。」と言われたので、「ありがたくいただきます。」と感謝したら、「ワケギは分けてあげられない。分けるとよくないことがおこる。」と聞いて、びっくり。何か言い伝えがあるのだと理解して、後日師匠のいない時を見はからって、ワケギの球を取って(盗って?)来ました。種ができないワケギ(分葱)は分球でしか繁殖する方法がないのに、分けてあげると何かが起こる、そこが不思議で一気に身近な野菜になりました。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。